Visual Studio Community 2015 は、条件付きで「無料」で使用できます。

Visual Studio Community 2015 は、個人開発者なら、Visual Studio Professonalと、ほぼ同等の機能が無償で使えます。但し、企業で使う場合は、条件があります。マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項 を必ず、お読みください。

Visual Studio Community 2015 のセットアップ方法

ダウンロード

Visual Studio Community のインストールページにアクセスします。

https://www.visualstudio.com/products/free-developer-offers-vs.aspx

Visual Studio Community の「ダウンロード」をクリックします。

Visual Studio Community をダウンロードします。

「Community 2015のダウンロード」をクリックします。

インストール

ダウンロードを開始します。

インストールページが表示されると、下部にダイヤログが表示されますので「実行」をクリックします。

プログレスバーが表示されます。

ダウンロードが終了するまでしばらくお待ちください。

セキュリティー警告がが表示されます。

セキュリティー警告がが表示されます。「実行」をクリックします。

セットアップ開始。

セットアップを初期化する表示がでます。

インストール場所やインストールの種類を選択します。

ラジオボタンは「既存」のままにし、「インストール」ボタンをクリックします

インストールが開始します。

インストールは相当時間を要します。私の場合、夜間に実行しました。恐らく、2時間はかかったと思います。

セットアップ完了

「セットアップが完了しました」。の表示が出ましたら、「今すぐ再起動」をクリックします。

起動

Visual Studio Community を起動します。

Visual Studio Community を起動します。「スタート」→「Visual Studio 2015」

起動画面が表示されます。

起動画面が表示されます。しばらく、お待ち下さい。

サインイン

アカウントをお持ちの方は「サインイン」をクリックしてください。お持ちでない場合は、「後で行う」をクリックしてください。

アカウントを入力します。

サインインに使用するアカウントの電子メールまたは電話番号を入力します。「続行」をクリックします。

この後、パスワードを入力します。

パスワード記録について表示されます。

「はい」「いいえ」を選択してください

しばらくお待ちください。

しばらくお待ちください。

登録内容確認。

登録内容を確認し「Cntinue」をクリックします。

環境を指定します。

問題なければ「Visual Studio の開始(S)」をクリックします。

初めて使用するための準備が表示されます。

しばらくお待ちください。

完了

これで完了です。