VisualBasicの基礎の基礎

※VisualBasicの基礎の基礎を学びます。

Visual Studio Community 2015を使用します。

Visual Studio Community 2015は、個人開発者向けです。企業で使用するときは規約をご確認ください。

VisualBasicを起動し、プログラムを作成し、実行するまで。

スタートボタンからVisualStudio2015を実行

スタートボタンからVisualStudio2015を実行します。(Visual Studio Community 2015インストールをあらかじめインストールしておいてください)

開始

開始画面が表示されます。

VisualStudio2015画面表示

VisualStudio2015の画面が表示されます。

プロジェクトを作成

プロジェクトを作成します。「ファイル」-「新規作成」-「プロジェクト」

VisualBasic Windowsフォームアプリケーション

イVisualBasic Windowsフォームアプリケーションを選択します。必要に応じて、「ソリューション名」等を変更してください。

プロジェクトが作成されます。

プログレスバーが表示されます。

ダプロジェクトが作成されました。

フォーム(form1)が表示されます。フォームとは、アプリケーションを作成するときの下地のようなものです。この上に、テキストや画像等を入力したり、表示させたりしていきます。

フォーム(form1)のサイズを変えます

form1の右下をドラッグしながら位置を変えるとサイズが変更できます。少し、大きくしましょう。

ツールボックスを表示します。

画面左上の「ツールボックス」タブをクリックし、ツールボックスを表示します。

すべてのWindowsフォーム

「すべてのWindowsフォーム」をクリックします。

使用できるコントロールが表示されます

使用できるコントロールが表示されます。コントロールはプログラムを組む時に使用する部品のことです。まず、TextBoxを探して、それを、Form1上に、「ドラッグ&ドロップ」してください。

TextBox1を配置します。

TextBoxを図のように配置します。画面の右下を見てください。プロパティに「TextBox1」と表示されています。このコントロールの名前は、「TextBox1」として認識されます。

TextBox2を配置します。

同様にツールボックスからTextBoxをForm1上に、「ドラッグ&ドロップ」するとTextBox2が配置できます。

TextBox3を配置します。

同様にツールボックスからTextBoxをForm1上に、「ドラッグ&ドロップ」するとTextBox32が配置できます。

Label1を配置します。

ツールボックスからLabelをForm1上に、「ドラッグ&ドロップ」するとLabel1が配置できます。

Label1の文字列を変更します

Label1の文字列を変更します。画面右下のプロパティの「Text」をご覧ください。現在、「Label1」になっています。

Label1の文字列を変更します

これを「+」に変更してください。

>Label1の文字列を変更します

すると、Form1上のLabel1の表示が「+」になります。

Label2を配置します。

ツールボックスからLabelをForm1上に、「ドラッグ&ドロップ」するとLabel2が配置できます。

Label2の文字列を変更します

Label2の文字列を変更します。画面右下のプロパティの「Text」をご覧ください。現在、「Label2」になっています。

Label2の文字列を変更します

これを「=」に変更してください。

Label2の文字列を変更します

すると、Form1上のLabel2の表示が「=」になります。

Botton1を配置します。

Form1上に、Bottonを「ドラッグ&ドロップ」してください。

Botton1を配置します。

図のように配置してください。

Botton1の文字列を変更します

Botton1の文字列を変更します。画面右下のプロパティの「Text」をご覧ください。現在、「Botton1」になっています。

Botton1の文字列を変更します

これを「実行」に変更してください。

Botton1の文字列を変更します

すると、Form1上のBotton1の表示が「実行」になります。

実行をダブルクリックします

インストールページが表示されると、下部にダイヤログが表示されますので「実行」をクリックします。

コードを入力。

下記のような、プログラムコードが表示されます。

これは、botton1(実行)をクリックしたときどんな処理をするかを指定します。

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

  ’ここにコードを書く

End Sub

End Class

足し算のプログラムを書く

足し算のプログラムを追加します

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

Dim a As Integer = TextBox1.Text

Dim b As Integer = TextBox2.Text

  TextBox3.Text = a + b

End Sub

End Class

実行をダブルクリックします

インストールページが表示されると、下部にダイヤログが表示されますので「実行」をクリックします。

デザインに戻ります

上部のタブ(From1[デザイン])をクリックすると、デザイン画面に戻ります。

プログラムを実行します。

下図のように、「開始」をクリックします。

フォームが表示されます

フォームが表示され、TextBoxに文字が入力できるようになります。

TextBox1に文字を入力します

TextBox1に、「1」を入力します。

TextBox2に文字を入力します

TextBox1に、「2」を入力します。

「実行」ボタンをクリックします

「実行」ボタン(Botton1)をクリックします。計算結果が、TextBox3に表示されます。